ダブリン人

著者 ジェームズ・ジョイス/飯島淳秀訳

出版社 グーテンベルグ21

出版日 2007-11-01

図書タイプ:XML

対応機種:Windows 対応機種:iOS 対応機種:Android

貸出

「私の意図は自分の郷土のモラルの歴史の一章を書くことでした。私がその場面にダブリンをえらんだのも、この都会が私には麻痺の中心に思われたからです。私はそれを無関心な世人に、この都会がもつすがたを子供時代、青春期、成熟期、公生活の四つの面のもとに示そうと試みました。作品はこの順序で配列されています」…この自分の短編集に寄せたジョイスの言葉がすべてを物語る。15編からなるジョイス文学の出発点。