ビルマの日々

著者 ジョージ・オーウェル/宮本靖介・土井一宏訳

出版社 グーテンベルグ21

出版日 2002-11-01

図書タイプ:XML

対応機種:Windows 対応機種:iOS 対応機種:Android

貸出

オーウェルはイートン校を卒業後、19歳で警察官となり、当時英国の植民地だったビルマに赴任、各地で5年間の駐在生活を経験した。本書はそれを元に、帰国してから7年後の1934年に書かれた長編処女作。沸騰する現地の反帝国主義感情、原地民を毛嫌いする英国人たちのなかにあって、チーク材会社に勤める英国人主人公フローリーは揺れ動く気持ちのままに墓穴を掘っていく。