トーニオ・クレーガー

著者 トーマス・マン/植田敏郎訳

出版社 グーテンベルグ21

出版日 1998-02-01

図書タイプ:XML

対応機種:Windows 対応機種:iOS 対応機種:Android

貸出

詩的世界に興味をいだく多感な少年トーニオは美少年ハンスにあこがれ、ブロンドのインゲに淡い恋心を抱くが報われない。トーニオは町を棄てて自立したあと、ふたたび二人の姿を目にするが……「芸術家気質」と「市民的気質」、「知性」と「感性」の対立と分裂をテーマにした本書は、マンの自伝的青春の書でもある。