スペードの女王・大尉の娘

著者 プーシキン/高橋包子訳

出版社 グーテンベルグ21

出版日 2004-06-01

図書タイプ:XML

対応機種:Windows 対応機種:iOS 対応機種:Android

貸出

プーシキン円熟期の代表作2つ。カルタにはいっさい手を出さなかった青年将校ゲルマンは、フェードトヴナ老伯爵夫人が必勝法を知っていると聞くと、老夫人の書斎へ忍び込み、ピストルまで突きつけて秘伝を教えろと強要する。老夫人はショックのあまり死んでしまう。ある夜、夫人はゲルマンの夢枕にあらわれて、「三」「七」「一」の順で張れと教える。ゲルマンは「三」で勝ち、「七」で勝ち、最後に「一」を張る。だが、出たのは…「スペードの女王」。「大尉の娘」はプガチョーフ反乱をバックに辺境の砦の大尉の娘をめぐって展開される歴史小説と家