六号室/中二階のある家(短編集)

著者 チェーホフ作/中村白葉訳

出版社 グーテンベルグ21

出版日 2001-08-01

図書タイプ:XML

対応機種:Windows 対応機種:iOS 対応機種:Android

貸出

この巻にはチェーホフの代表的な中編「六号室」と「中二階のある家」を収めてある。「六号室」は「鉄格子の中も暖かい書斎も本質的にはなにも変わらない」と精神病患者に説教する医師が、周囲の人たちから狂人とみなされて鉄格子の中に閉じ込められ、はじめて現実を知るという話、「中二階のある家」は小さな積みかさねで地道に生活向上をめざす娘と、一挙に現実を改革すべきだといいながら何もしない画家との議論を通して進歩とは何かを問う話。どちらも中期の代表作である。