里見八犬伝(巻4)

著者 滝沢馬琴作/山田野理夫訳

出版社 グーテンベルグ21

出版日 2001-09-01

図書タイプ:XML

対応機種:Windows 対応機種:iOS 対応機種:Android

貸出

苦難につぐ苦難…だがついに八犬士は一同に集結する。犬江親兵衛仁《いぬえしんべえひとし》、犬塚信乃戌孝《いぬづかしのもりたか》、犬川荘助義任《いぬかわそうすけよしとう》、犬村大角礼儀《いぬむらだいかくまさのり》、犬坂毛野胤智《いぬさかけのたねとも》、犬山道節忠与《いぬやまどうせつただとも》、犬飼現八信道《いぬかいげんぱちのぶみち》、犬田小文吾悌順《いぬたこぶんごやすより》の八人は八つの霊玉をたずさえて会し、里見家の父祖の地で盛大な法要をおこなう。南総安房《なんそうあわ》はようやく平定されようとしていた…

苦難につぐ苦難…だがついに八犬士は一同に集結する。犬江親兵衛仁《いぬえしんべえひとし》、犬塚信乃戌孝《いぬづかしのもりたか》、犬川荘助義任《いぬかわそうすけよしとう》、犬村大角礼儀《いぬむらだいかくまさのり》、犬坂毛野胤智《いぬさかけのたねとも》、犬山道節忠与《いぬやまどうせつただとも》、犬飼現八信道《いぬかいげんぱちのぶみち》、犬田小文吾悌順《いぬたこぶんごやすより》の八人は八つの霊玉をたずさえて会し、里見家の父祖の地で盛大な法要をおこなう。南総安房《なんそうあわ》はようやく平定されようとしていた…